ケンザウルスのフィギュア日誌

ケンザウルスのフィギュア日誌 TOP  >  2013年05月

No.22 リディーマー

やっぱり、自分はSPAWN好きなのかなぁ・・・・SPAWNの記事をアップする方が落ち着くような気がします(爆

今回は、リディーマーをご紹介します。

※リディーマーについて(ウィキペディア等より引用)
リディーマー 001
天界から送り込まれた対スポーン用の戦士で、「アンチ・スポーン」とも呼ばれる。炎の精霊の力を借り、スポーンを追いつめる。

アル・シモンズは、彼の望みとは裏腹にヘルスポーンとしては優秀すぎた。
その能力を脅威と感じた天界は、アルの抹殺を決定。
スポーンと同様に人間を改造し、同等の・・・いや、それ以上の力を有する戦士を生み出した。
それがアルのかつての上司、ジェイスン・ウェンに「炎の精霊」を注入して創った“アンチ=スポーン”である。

今回のフィギュアも、大学時代に中古ショップで480円で購入したものです(笑
リディーマー 002
片腕は、刃物状?に変形した状態になっております。

リディーマー 003
このフィギュアは、電飾ギミックが装備されているので、背中にデカい電池ボックスがあります(笑

リディーマー 004
電池ボックスは、マントでうまく隠してあります(笑 マントの造形が、なかなかカッコいいですね~

リディーマー 005
胸が開きます!

リディーマー 006
背中の電池ボックス下部のスイッチを押すと、光ります!
今の時代では、LEDが当たり前ですが、このフィギュアは十数年前のものなので、麦球です(汗

リディーマー 007

リディーマー 008
顔アップ。

リディーマー 009
マントを取り外すと、電池ボックスが御目見えです(笑

リディーマー 010
電飾ギミックは嬉しいポイントなんですが、それによって犠牲になっている部分もありますね・・・しかし、スタイルはさすがSPAWNフィギュア、文句なくカッコいいです!


SPAWNフィギュア人気絶頂当時でも、ほとんど見ることの無かったリペイントバージョンですが・・・大学時代に中古ショップで280円という格安でGETしました(笑
リディーマー 011
No.23 リディーマー リペイント
 ホワイトを基調としたカラーリングで、なかなかイイですね。こちらは実家の倉庫で・・・・

以上、リディーマーでした。

そろそろ過去のフィギュア紹介ばかりではなく、購入後未開封なフィギュアを開封して、撮影会したい気分ですね~ まぁ、いつになるやらわかりませんが・・・(滝汗

では!
スポンサーサイト
[ 2013年05月31日 21:48 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(0)

No.21 MARVEL Select Red Skull (映画版)

前回のブログのキャプテン・アメリカとセットで購入した、映画版のレッドスカルをご紹介します。

※レッドスカルについて(ウィキペディアより引用)
レッドスカル-001
★画像引用サイト:http://dailydoseofcomics.com/red-skull/

キャプテン・アメリカに登場するヴィラン(悪役)。
第二次大戦中、ナチスドイツで誕生した怪人。貧困と孤独の少年時代に培われた人間性そのものへの憎悪をヒトラーに見出され、ナチズムの体現者たるべく英才教育と赤い髑髏の仮面を授かる。浴びた者をその仮面のごとく赤くミイラ化して殺害する毒ガスを武器に数々の諜報・破壊工作に従事し、その影響力はアメリカ政府をして対抗策としての自由と民主主義の象徴、即ちキャプテン・アメリカを考案させる一因ともなった。大戦中に死亡したと思われていたが、先述のガスの免疫のおかげで生き残る。その後、キャップの復活に合わせたかのように彼も復活し、様々な作戦で第三帝国の復活をもくろむ。生来の肉体が衰弱すると、再び死を偽装しあらかじめ用意しておいたスティーブ・ロジャースのクローン体に脳を移植し、同等の身体・戦闘能力を得て再生する。その後はロジャースそのものの顔を利用して暗躍、1985年の名称返上事件の黒幕でもあったが、真相を知ったザ・キャプテンとの戦闘で誤って自らの毒ガスを浴び、一命は取り留めたものの素顔自体が赤い髑髏状に変質してしまう。
(映画では、未完成の血清の副作用によってレッドスカルとなり、赤い髑髏状に変質していた。)

パッケージ。
レッドスカル-002

サイドと裏面。
レッドスカル-003

付属品。大きな機械と床は後程ご紹介します。
レッドスカル-004

レッドスカル-005
なかなかカッコいいですね~ 悪役・ガイコツ顔という、自分のツボを突いたフィギュアにニンマリ(笑

レッドスカル-006
いかにも悪そうな雰囲気がイイですね~ 正直、キャプテン・アメリカよりも、こっちが気に入っています(笑

レッドスカル-007
ガイコツ顔ですが、もう少し痩せ細った感じであれば、なおよかったかなぁ・・・

レッドスカル-008

レッドスカル-009
後ろ。


レッドスカル-010
付属の銃は持てますが、ホルスター等はありませんので、そのまま持たせて飾っております(爆


さて、お待ちかね?の付属品の紹介を・・・

同シリーズのキャプテン・アメリカに付属する装置を合体させることで、ひとつの装置が完成します!
レッドスカル-011

レッドスカル-012
出来ました! キューブの装置です!

レッドスカル-013
レッドスカル:このキューブは、我々のものだ!
キャプテン・アメリカ:貴様らには渡さんぞ!

そんな感じで映画の一場面を再現できる・・・・というものでした。

レッドスカル-014
以上、レッドスカルでした。

映画で観たときから、私のツボを突いたキャラだと思い、その後にこのフィギュアの存在を知り、購入に至りましたが・・・・なかなか満足できるフィギュアでしたね♪
[ 2013年05月29日 21:55 ] カテゴリ:MARVEL Select  | TB(0) | CM(0)

No.20 MARVEL Select CAPTAIN AMERICA (映画版)

いつもお世話になっているアメトイショップで購入した、映画版のキャプテン・アメリカのフィギュアをご紹介します。

※キャプテン・アメリカについて(ウィキペディアより)
キャプテン・アメリカ 001
★画像引用サイト:http://www.fanpop.com/clubs/captain-america/images/26883176/title/captain-america-wallpaper

本名はスティーブ・グラント・ロジャース(Steven Grant Rogers)。通称はキャップ (Cap)、自由の番人 (The Sentinel of Liberty)、星条旗のアベンジャー (Star-Spangled Avenger)、第二次世界大戦の生ける伝説(The Living Legend of World War II)、ウイングヘッド(Winghead(マスク側頭部の形状から)) など。高潔な人格の主として知られる。

1922年7月4日、ニューヨーク・マンハッタンのローワー・イースト・サイドで生まれる。父・ジョセフと母・サラはアイルランドからの移民である。

彼がキャプテン・アメリカとなったのは1941年のことである。彼は徴兵基準を満たせないほど貧弱な身体の持ち主であったが、ナチズムへの義憤と愛国心に駆られて軍の人体実験(「超人兵士計画」)に志願し、キャプテン・アメリカとして生まれ変わった。

人間を超人兵士に生まれ変わらせる特殊な血清を創ったアースキン博士がナチスの工作員に暗殺されたため、血清の秘密は失われた。戦後、この血清の副作用でキャプテン・アメリカは死亡しかけた事がある。

キャプテン・アメリカのスーツおよびマスクは、星条旗をモチーフとしている。当初、マスクはスーツと一体ではなかったため、マスクがズレることがあった。それを防ぐことに加え、首の防弾性を配慮した結果スーツとの一体型となった。

スーツはスケイルアーマーである(アップのイラストでは、スケイルが描かれている場合がある)。円形のシールドを装備している。このシールドは、防御用として使用する他、フリスビーのような投擲武器としても使用される。



パッケージ。実は映画を見るまでは、このキャラクターに対する興味や知識が無かったのですが、映画を観た途端に欲しくなったフィギュアです(笑
キャプテン・アメリカ 002

パッケージ裏。
キャプテン・アメリカ 003

付属品。装置や床?は、後日紹介予定のレッドスカルのブログで詳しくご紹介します。
キャプテン・アメリカ 004

やや頭が大きい気もしますが、映画版の衣装を忠実に再現しているみたいで、映画から入った自分にとっては、なかなかイイですね♪
キャプテン・アメリカ 005

キャプテン・アメリカ 006
トレードマークの盾も、なかなかカッコいい仕上がりですね!

キャプテン・アメリカ 007
後ろも手抜き無しですね!

キャプテン・アメリカ 008
購入当時、盾が外せないと思っていましたが、うまくやればはずれますよ(笑


キャプテン・アメリカ 009
付属の銃は、ホルスターに収納可能となっております!



キャプテン・アメリカ 010
みんカラのブログでは戦死したようですが、こっちのブログではまた復活予定ですよ(笑
[ 2013年05月29日 19:48 ] カテゴリ:MARVEL Select  | TB(0) | CM(0)

No.19 チャペル

またしても、SPAWNフィギュアです(汗 しかも、また実家の倉庫に眠っているフィギュアのご紹介です(爆

※チャペルについて(過去のSPAWN関連の資料より引用)
チャペル-001
★画像引用サイト:http://robliefeldcreations.com/?p=2334
元米軍の特殊工作員。
通常の任務とは別に、ジェイソン・ウィンの腹心として、数々の非合法任務に従事していた。
戦士としては優秀だが、虚栄心が高く、敵とみなした相手には必要以上に残酷になるなど、人間性には問題がある男だ。
それは、戦友であったアル・シモンズ(SPAWNが人間だった頃の名)をウィンの命令とはいえ、躊躇なく暗殺したことでも証明されている。
現在は政府の超人部隊ヤングブラッドに所属している。


フィギュアは、中古ショップで280円で2008年1月に購入(爆
チャペル-002
今回は、リペイントバージョンです。

チャペル-003
なつかしいシリーズ1と2。この頃は、まだおもちゃっぽさが残っていたものの、他のフィギュアと比較すれば、圧倒的にカッコ良かったです♪

チャペル-004
ギミックを説明するサイドの説明書き。

付属品一覧。
チャペル-005

“スナイパー”という感じで、なかなかカッコいいですね。
チャペル-006

足に備えられている銃は、取り外し出来ません(爆
チャペル-007

チャペル-008
顔の一部が白いです(笑 トランプマン?

チャペル-009
背負っている銃は、下ろせますが・・・せめて銃口に穴ぐらいあけて欲しかったですね(滝汗

チャペル-010
後ろ。


チャペル-011
タートルズよりも背が高くて、対比としては丁度いいサイズですね。

地味なフィギュア?ながら、けっこうお気に入りだったんですが、場所の都合で実家の倉庫にしまってしまいまして(滝汗

機会があれば発掘して、とりあえず銃口に穴をあけてやろうと思います(笑

では!
[ 2013年05月28日 22:40 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(0)

No.18 ホワイト・サイゴー

今回は、SPAWNに登場するサイゴーのフィギュアをご紹介します。

※サイゴーについて(ウィキペディア等より引用)
サイゴー001
★画像引用サイト:http://thegregcapullo.deviantart.com/art/Cygor-vs-Spawn-190491908

軍の秘密実験で生成され、サイバー強化された体を持つ超巨大ゴリラ。しかし、サイゴーは生成がまだ終わりきらないうちに実験室から逃げ出し、暴力性だけが彼になった。アル(SPAWNが人間だった頃の名前)の友人マイクの頭脳を移植されたゴリラのサイボーグ。

今回は2006年の6月頃、中古ショップで480円で購入した、ホワイトサイゴーです。
通常のサイゴーのリペイントバージョンで、ノーマルよりもお上品な雰囲気です(笑
サイゴー002
SPAWNが全盛だった時代、このフィギュアが4200円で売っていたことが記憶に残っていますが、購入当時はまさか480円で!?・・・とテンションが上がっていたことが懐かしく思います(笑

サイゴー003
マクファーレントイズは、生物と機械の融合がお好きなようですね~ こういうパターンが多いのですが、そこがまたイイんですよね(笑


サイゴー004
ミサイルは後ろから引っ張って手を放すと、バネの力で飛ぶというギミック付きです。

サイゴー005
デカい腕が力強い!

サイゴー006
今までまったく気にして無かった後ろ姿も、ベルト周りの配色が細かく塗り分けられていたりと、けっこう細かい仕上がりだったんですね(笑

サイゴー007
けっこう重量感がありそうな感じですが、意外と軽くて拍子抜けしました(笑

サイゴー009
サイズ的にも、SPAWNとそれほど変わらないので、ちょっと迫力不足ですね(汗

サイゴー008
やや物足りないですが、こうして改めて見ると悪くないかもですね・・・ 残念ながら、実家の開かずの倉庫に入れてしまったので、そう簡単には掘り起こせないフィギュアですが、機会があれば連れ戻したいですね(笑




そんな物足りないあなたへ・・・

サイゴーⅡがおすすめですよ(笑 こっちはめっちゃデカいです! 出来も凄くイイですし♪
サイゴー010

サイゴー011
前回の記事でご紹介したタートルズが、この小ささ(笑

こちらは逆にデカすぎて邪魔なので、同じく実家の倉庫へ・・・・こいつこそ、機会があれば連れ戻して、正式にこちらのブログでご紹介したい一体ですね~ ということで、今回はNo.-のカウントに入れません。


以上、ホワイトサイゴーでした。
[ 2013年05月27日 22:20 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(0)

No.15 アンジェラ

今日だけでかなり記事を投稿しておりますが、まだ記事ネタは尽きません(爆

今回は、SPAWNに登場するアンジェラのフィギュアのご紹介です。

※アンジェラについて(ウィキペディア等より引用)
アンジェラ-001
★画像引用サイト:http://brittonpayne.com/Marvel/Spawn_Angela.html

天界の闘天使でトップクラスの戦士。番外編の「アンジェラ」でスポーンと手を組んで汚名を晴らしたこともある。
10万年前に生き我が子を猛獣より救うために命を投げ出した母親、古代エジプトで息子の死を訴えて殺害された奴隷階級の老母、18世紀、合衆国南部で家族を皆殺しにされた上に銃殺された少女、ナチスのユダヤ人収容所で子ども達を殺され失意の中ガス室で命を失った老母、そして近未来のロンドンで孤独に病死した老女、5つの命が神の鼓動の放つ聖なる光を受けて融合し、闘天使アンジェラとなった。
彼女は光の都にしてエンジェルの故郷エリシウムに新たな生を受けた。彼女は”聖母”の庇護を受けつつも勇猛なエンジェル教官キャサリンの指導を得て狩人、メッセンジャー、兵士としての経験を積み、程なくエンジェルズの中でも最強の闘天使として名を馳せるようになった。

自分が大学生の頃、中古ショップで480円で購入しました(笑
アンジェラ-002
この頃のSPAWNが、日本で一番勢いありましたよね~

アンジェラ-003
当時の懐かしいレッズのラベル。横に簡単にキャラの説明が書かれているのは、嬉しいですね♪

付属品。
アンジェラ-004

アンジェラ-005
シンプルな造形ながら、今見ても何ら引けをとらないデザインです。

アンジェラ-006
刀は鞘に納めることができます。写真では納めてませんが(汗

アンジェラ-007
長い武器は、持たせるとかなりデカい! 先端はミサイルのように発射できたと思います・・・

こんな無防備な格好では、危険が一杯(笑
アンジェラ-008
ニンジャスポーン:「ここに隙あり! ここをグサリと刺そう!」
アンジェラ:「痛いわよ! 何するのよ!」

アンジェラ-009
ニンジャスポーン:「ここにも隙あり!ここも刺してみよう!」
アンジェラ:「しつこいわよ!」

いたずら好きなニンジャスポーン君は、別の機会にご紹介します(笑


アンジェラは、他にも未開封ですが、持っています。
アンジェラ-010
No.16 アンジェラ リペイント
中古ショップで380円でGET(笑

アンジェラ-011
No.17 ブルー・クリアー・アンジェラ
中古ショップで280円でGET(笑 ビデオも付いてましたが、英語で日本語字幕が出ました。内容は、微妙でした(爆

以上、アンジェラでした。
[ 2013年05月26日 22:12 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(0)

No.13 アポカリプス・ライジング

今回は、自分が大学の頃に中古ショップへ行き、初めて購入したフィギュアです。

いわば、フィギュア収集の趣味を再開へ導いた偉大なるフィギュアです(笑

ToyBizのオンスロートシリーズの、アポカリプス・ライジングです。

※アポカリプスについて(ウィキペディアより引用)
アポカリプス-001
★画像引用サイト:http://robertatkinsart.blogspot.jp/2011/11/apocalypse-now.html

黙示録の名を持つ怪人物、分子構造を自由に操ることができ、自分の体を自由に変えられる。約800km/hのスピードで動く事ができ、テレポート能力を持つ。ハルク並の怪力を持ち、知能も大変高い。「適者生存」を信念としている。第二次大戦中にヘルファイヤークラブに発見され現代に蘇り、X-MEN達と死闘を繰り広げていく。不老に近い超長寿のミュータントである「エクスターナル」の一人。冷酷な人格をしているが、瀕死のX-メンを見逃したり、自分と戦って勝ったアークエンジェルに殺されることを願ったりとその行動は私欲というよりは徹底して信念のためという美学を持つ悪役でもある。 4人のミュータントからなる「フォーホースメン(黙示録の四騎士)」を配下にしている。このフォーホースメンにはX-MENのメンバーが洗脳させられて加わる事も珍しくない。過去にはエンジェル(アークエンジェル)、ガンビット、ウルヴァリン、サンファイア、キャリバン、ポラリスらが加えられている。ただしミュータント能力を使うごとに洗脳は解けていき、全X-MENが最終的には彼の支配下から逃れている。 もともとは古代エジプト時代の孤児で、砂漠に捨てられていた所を遊牧民らに拾われた。その後、オジマンディウス王の奴隷となるが、ミュータント能力に目覚めると、王国にある古代テクノロジーを手に入れんが為にオジマンディウスから王座を奪い取り、自らの行動を記録させる奴隷とした(『ライズ・オブ・アポカリプス』)。 『エイジ・オブ・アポカリプス』の世界と、ケーブルがやってきた39世紀の未来では支配者として君臨している。

この造形、素晴らしくカッコいいです!
アポカリプス-002

アポカリプス-003
史上最強のミュータントにふさわしい、力強い造形美!

アポカリプス-004

アポカリプス-005
下半身に比べ、上半身が大きく、力強い腕が印象的でカッコいいです!

アポカリプス-006
購入当時、力強いフィギュアの代表として、SPAWNのオーバート・キルと並べていました!

アポカリプスの忠実な部下?も付属しますが、詳細は知りません(爆
アポカリプス-007

アポカリプス-008
1997年の刻印があるので、けっこう骨董品なんですね(笑


アポカリプスといえば、自分が中学の頃に購入したXパワーシリーズが印象深いですね。元々、ミュータント・タートルズの敵役として、気まぐれで購入したフィギュアでしたが、まさかここまで強力なお方だったとは・・・
アポカリプス-009
No.14 Xパワー・アポカリプス

隣の小さいフィギュアはダイキャスト製フィギュアセットに付属していたものです。 まぁ、分子構造を変化させることが出来るということを説明しようと撮影したんでしょうが、かなり昔のことなのでもう忘れました(爆




★画像引用サイト:http://www.cartoonscrapbook.com/l-p/001/x-men_L13.htm
アポカリプス-010
なぜか、アニメでは紫っぽいカラーリングをしてましたが、個人的にはやはりブルーの印象が強いですね。

以上、アポカリプス・ライジングでした!
[ 2013年05月26日 20:36 ] カテゴリ:ToyBiz X-MEN | TB(0) | CM(0)

No.9~ ミュータント・タートルズ バトラクションシリーズ

今回は、自分が大学生頃に購入した、ミュータント・タートルズのバトラクションシリーズをご紹介します。

2007年~2008年に、ミュータント・タートルズの2003年度バージョンが日本でも放映されており、このTVアニメに合わせて発売されたシリーズです。


※タートルズについて(ウィキペディアより引用)
TMNT 画像
ニューヨークでペットとして飼われていた4匹の亀は、動物を人間のような姿に変えるミュータンジェンの力によってタートルズに変身してしまう。タートルズは下水道の中で、同じくミュータンジェンによって変身したネズミであるスプリンターと出会う。スプリンターの飼い主だった日本人の忍術家ハモト・ヨシは、かつて彼が所属していた忍者の一族であるフット団と、そのアメリカ支部の頭領オロク・サキことシュレッダーにより殺されたのだった。スプリンターはヨシの仇を討つためにタートルズに忍術を教える。

詳細な設定は、コミック、1987年版、2003年版で違いますが、大体のあらすじは同じですね。







No.9 バトラクションシリーズ レオナルド
1993年に日本でTV放送された際に発売された“ミューテーションシリーズ”と同じく、普通の亀に変形するギミックが備わっています。しかし、1993年のTV放送と同時に発売されたおもちゃで相当遊んでいたので、一度も変形させたことないです(爆
バトラクションシリーズ 001
レオナルド
真面目なタートルズのリーダー。兄弟の中では良識人。反面、真面目すぎる性格から仲間と対立してしまったり、悩みを独りで抱え込むといった面が見られる。

No.10 バトラクションシリーズ ドナテロ
こちらも普通の亀に変形するギミックが備わっています。
バトラクションシリーズ 002
ドナテロ
タートルズのブレイン及びメカニック担当。あらゆる武器、乗り物などの開発を手がけている。 頭脳面で長ける。

No.11 バトラクションシリーズ ラファエロ
こちらも普通の亀に変形するギミックが備わっています。
バトラクションシリーズ 003
ラファエロ
口が悪く自分でも認めているぐらい、超が付くほどに短気な性格。その反面、仲間内に限らず他者への思いやりはとても深く面倒見が良いなど熱血漢。また、口には出さないがスプリンターを父として深く尊敬している。

No.12 バトラクションシリーズ ミケランジェロ
こちらも普通の亀に変形するギミックが備わっています。
バトラクションシリーズ 004
ミケランジェロ
他のメンバーと比べても非常に明るい、ゲームや漫画が大好きないかにも子供っぽい末っ子的な性格。すぐに調子に乗って、あらゆる場面で失敗をすることがあるが、その愛嬌溢れる性格から憎めないキャラクターである。

1993年に日本でTV放送された際に発売された、ミューテーションシリーズと比較。(レオナルド)
バトラクションシリーズ 005

バトラクションシリーズ 006
随分とカッコよく生まれ変わっておりますが、腕と脚はそのまま流用されてます(笑

ドナテロも持っていたので、こちらも比較。
バトラクションシリーズ 011
顔の印象がだいぶ違います(笑

バトラクションシリーズ 007
レオナルドの付属品。 吸盤状のアイテムは、きっとこれを使って、壁を登るようなものだと思います・・・

バトラクションシリーズ 010
ドナテロの付属品。やたらに武器が充実してます(笑

バトラクションシリーズ 008
ラファエロの付属品。おそらく付属アイテムは、ロープを貼ってそこを滑り降りるようなものだと思います・・・

バトラクションシリーズ 009
ミケランジェロの付属品。 このアイテムは何だったかなぁ・・・(滝汗

バトラクションシリーズ 012
全員集合(笑

バトラクションシリーズ 013

バトラクションシリーズ 014
やっぱり、タートルズは四人揃わないとね!(笑

バトラクションシリーズ 015
宿敵のシュレッダーと! シュレッダーは、また別の機会にご紹介します。


以上、ミュータント・タートルズのバトラクションシリーズでした!
[ 2013年05月26日 19:11 ] カテゴリ:ミュータント・タートルズ | TB(0) | CM(0)

No.6 MARVEL Select MAGNETO

私がアメトイ専門店でフィギュアを買うようになってから、買う率の高い“MARVEL Select”シリーズから、今回はマグニートーをご紹介します。

※マグニートーについて(ウィキペディアより引用)
MAGNETO 画像
★画像引用サイト:http://www.comicvine.com/forums/battles-7/magneto-and-iceman-vs-terrax-and-firelord-704129/
磁界王の異名を持つ最強のミュータントの一人。磁力を操り、あらゆる金属を意のままにする。核爆発に耐えうる電磁バリアを張ったり、地球の地磁気に影響を与えて地殻変動や地球の裏側の火山の噴火まで起こす。また、血中のヘモグロビンの鉄分を制御して他人の動きを操る。このように磁力の範囲は広範囲かつ尋常ではない強力さをもつ。ユダヤ人であり、第二次世界大戦時のホロコーストの被害者。その時のトラウマによって、荒んだ人格を持つようになる。人類はより優秀な生物であるミュータントに支配されるべきであるとの思想を持つことから、かつての親友、プロフェッサーXと対立している。一時期、プロフェッサーXと和解してX-メンを指揮していたこともある。X-メン時代は、のちのXフォースのメンバーで構成される若手グループ「ニューミュータンツ」の指揮もしており、彼らにとっては教師のような存在。ゆえに、Xフォースリーダーのケーブルには特別な敵意を持っている。クローン体に精神を移植するなど何度も若返っているため、実年齢と肉体年齢がかなり違う。彼が着用する兜はプロフェッサーXへの対策として、精神波を遮る特殊な作りになっている。

このシリーズは、パッケージが独特でカッコいいです♪
サイズは通常のフィギュアよりも、やや大き目です。
MAGNETO 001

パッケージ裏面。
MAGNETO 002
バリアントで、ヘルメット無しの素顔バージョンもありますが、マスクを脱着式にしてくれればいいのに(汗

付属品として台座がありますが、それ以外はありません。
MAGNETO 003

X-MENの主要キャラなので、かなり多くのフィギュアがリリースされておりますが、その中でもかなりカッコいいマグニートーだと思います♪
MAGNETO 004

MAGNETO 005
マントの造形もカッコいいですね!


MAGNETO 006

個人的には、白目の方がカッコ良かった気もしますね(滝汗
MAGNETO 007

MAGNETO 008
台座に載せてみました。コロッサスの腕が埋まってます(滝汗

MAGNETO 009



手持の他のマグニートーと比較しても、かなりカッコいいです!
MAGNETO 010
No.7 AOAアポカリプス版のマグニートー・・・アポカリプスに支配された世界でのマグニートーのフィギュア。大学当時に中古ショップで買ったこのフィギュア、自分としては初のマグニートーのフィギュアです。

No.8 マグニートー ・・・シリーズ名は忘れましたが、映画公開と同時に発売されたフィギュアだと思います。造形が独特で、顔がかなり渋いおじさんです(笑 可動は楽しめますが、造形が気に入りません(爆


下目線を利用したお遊び(笑
MAGNETO 011
以上、マグニートーでした。
X-MENのフィギュアといえば、昔は中学生当時に売っていたXパワーシリーズという、いかにもおもちゃという造形のものしかなく、マグニートーもショボイフィギュアで幻滅していた記憶(なので、当時買ってない)しかありません(滝汗

しかし、このシリーズはいずれも造形がカッコ良くて、満足してます♪ 可動がいまいち・・・という意見もあるようですが、個人的には十分です。
[ 2013年05月26日 16:34 ] カテゴリ:MARVEL Select  | TB(0) | CM(0)

No.1  SPAWN Ⅵ

フィギュア紹介の第一号は、マクファーレントイズのSPAWNⅥです!


SPAWN(スポーン)フィギュアは、私のお気に入りのシリーズです♪ 残念ながら、最近はあまりリリースが無いようで、非常に残念ではありますが、また新作フィギュアが出れば、ぜひ買いたいシリーズですね!

※SPAWNについて・・・(ウィキペディアより)
SPAWN 画像
★画像引用サイト:http://www.layoutsparks.com/pictures/spawn-0
優秀なCIA工作員であったアル・シモンズは、魔界第8階層の支配者マレボルギアの目に止まり、暗殺された。魔界に送り込まれたアルは最愛の妻ワンダと再会するためにマレボルギアと契約を交わし、魔界の軍団構成員”ヘルスポーン”となった。80億ものスポーンの軍勢を率いる将官候補として特別にスカウトされたアルは、マレボルギアの策略で「5年後の」地球に跳ばされた。そこでアルは、妻がかつての親友と再婚しており、子供までいることを知り、絶望する。

スラム地区に居を構えたスポーンは彼を王と慕うホームレスたちや自らを守るために、マフィアのサイボーグや天界から送り込まれたアンチスポーン「リディーマー」らと戦う。また、天使アンジェラとは敵として相争い、その後は共闘する仲となっていく。

うち続く戦いの中で“地球”の意志に触れたスポーンは、魔界に属する存在ではなくなり、彼は自らの信じる正義に基づいて罪を犯した魂を殺害していく影のヒーローと変わっていく。



このフィギュアは、自分が大学生(2007年6月)の頃に、中古ショップで780円でGETしたものです(笑
SPAWNⅥ 001

付属品一覧。
SPAWNⅥ 002
銃が三種類付属します。


スタイルが抜群にイイですね!
SPAWNⅥ 003

SPAWNⅥ 004
チェーンが金属製なら、申し分ない出来栄えですね~

SPAWNⅥ 005

SPAWNⅥ 006

SPAWNⅥ 007

銃を持たせてみました。
SPAWNⅥ 008

SPAWNⅥ 009

銃はすべて合体させて、一丁の巨大な機関銃になります!
SPAWNⅥ 010

こちらは、管理人の好みで自作武器を持たせたところです(笑
SPAWNⅥ 011

SPAWNⅥ 012
NHKの“スターウォーズ・クローンウォーズ”のアニメにはまっていた影響でしょうね(笑




その他、手持ちのSPAWNたちをご紹介。
SPAWNⅥ 013
No.2 SPAWNⅢ
 巨大なマントと目が光るギミックが売りですね(笑 ちなみに、中古ショップで280円でGETしたものをベースに、チェーンを金属に置き換え、目の電飾をカスタムしております♪

SPAWNⅥ 014

SPAWNⅥ 015








SPAWNⅥ 016
No.3 ワームヘッド・ブルースポーン
 こちらもカスタムしております。仮面追加、チェーンを金属に置き換え、マント可動式等です。

SPAWNⅥ 017
こちらの真ん中のSPAWNがベースとなっております。

No.4 SPAWN・・・一番ベーシックなSPAWN。こちらも中古ショップで安く買ったと思います。
No.5 クリアースポーン・・・緑のSPAWN。 こちらも中古で・・・・


沢山持っているSPAWNの中でも、今回のSPAWNⅥは、最高にカッコ良くてお気に入りです♪
[ 2013年05月24日 22:31 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(0)

私がフィギュア収集するきっかけになったもの 続き

随分と更新が停滞しておりましたが、みんカラばかりじゃなくて、そろそろこっちもアップしないと・・・と思い、前回の続きを簡単に記しておこうと思います。


前回の記事のとおり、クラッシュダミーから始まり、ミュータントタートルズ、SPAWNとフィギュア収集をしていて、それ以降はSPAWNフィギュアの価格高騰により、アメトイフィギュアの収集を一時辞めざるおえなくなり、フィギュアの趣味は一時終わりを告げるのでした。(自分が中学生頃ですね)



その後、数年の月日が流れ、大学生になった頃、ふと立ち寄った中古ショップに、あれだけ価格が高騰していた当時のSPAWNフィギュアが、な、なんと・・・280円程度で大量に売られているではありませんか!!!

安さと当時を懐かしんで、買っていくうちに、自宅の壁がSPAWNフィギュアで埋め尽くされました(笑
SPAWN フィギュア収集!?


これ以降、中古ショップでフィギュアを買い進めるうちに、アメトイフィギュアへの情熱が復活してしまい、中古ショップのフィギュアを買い占めてしまったのちは、同じ系列の店舗を回ったりしてましたが・・・徐々にもっとカッコいいアメトイフィギュアが欲しくて欲しくて仕方なくなり・・・・


そして、今ではアメトイ専門店に行ったり、その店舗のネット注文を利用したりして、本格的に収集している状況です(笑

今まではみんカラでフィギュア関係のブログを書いていましたが、今後はこちらを主体にしていこうと思います。

主な内容は・・・・
 (1)既存のフィギュアを使った、フィギュアネタ
 (2)未開封のフィギュアや新しく買ったフィギュアを開封して、フィギュア紹介をする


そんな感じで、不定期な更新になるかと思いますが、興味のある方は、ぜひ今後とも覗いて行ってください!

では!
[ 2013年05月23日 22:24 ] カテゴリ:フィギュア関係 その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ケンザウルス

Author:ケンザウルス
アメトイフィギュアと車模型をこよなく愛するケンザウルスと申します。
車模型は、みんカラでご紹介させて頂いておりますので、こちらは主に私のフィギュアコレクションをご紹介していきたいと思います!

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR