ケンザウルスのフィギュア日誌

ケンザウルスのフィギュア日誌 TOP  >  2013年07月

No.44 ELSEWORLDS FINEST BATGIRL

バットマンが居れば、バットガールも居る・・・ということで、今回はバットガールです(笑

※バットガールについて(ウィキペディアより引用)
BATGIRL 01
★画像引用サイト:http://dc.wikia.com/wiki/Batgirl_Vol_3_12

バットガール(Batgirl)は、アメリカンコミック『バットマン』に登場するバットマンのサイドキック(相棒)。

①初代バットガール
 本名バーバラ・ゴードン(Barbara Gordon)。ジェームズ・ゴードン市警本部長の養女。ジョーカーに撃たれて足に不治の障害を負い引退。現在は、新たにオラクル(Oracle)を名乗り、複数のスーパーコンピュータを駆使してヒーローの補助役に回る。ナイトウィングとは恋仲となっている。

②二代目バットガール
 本名ヘレナ・ベルティネリ(Helena Bertinelli)。幼少時にマフィアが派遣したヒットマンに家族を殺され、ボーガンとリストダーツを愛用する復讐の女戦士ハントレス(Huntress)となった。合衆国の隔離政策により、ゴッサムシティが本土から分断されていた時期(「No Man's Land」)にバットガールを名乗って街の平和を維持していたが、マフィアとの縄張り争いで死傷者を出し、激怒したバットマンにクビにされる。現在はハントレスに戻り、オラクルの元でバーズ・オブ・プレイ(Birds of Prey) の一員となっている。

③三代目バットガール
 本名カサンドラ・ケイン(Cassandra Cain)。父親は暗殺者で、幼少時のブルース・ウェイン(後のバットマン)も教えた事もある伝説の暗殺者デビッド・ケイン。暗殺術のみを教えられて育った為言葉を話せなかったが、とある超能力者と出会い、言語中枢を活性化されたおかげで、現在では普通に読み書きができるようになった。コスチュームは黒一色に黄色いバットマークの付いたもの。顔もすっぽりと覆い隠した独自のものである。バットマンが死亡した(と思われていた)後、バットガールのスーツをバットファミリーの一員であるステファニー・ブラウンに与え姿を消す。後にバットファミリーに再加入し、ブラックバット(Blackbat)と名乗り香港で活動している。

④四代目バットガール
本名ステファニー・ブラウン(Stephanie Brown)。元スポイラー(Spoiler)、四代目ロビンも勤めたバットファミリーの一員。カサンドラより渡されたバットガールスーツを身にまとい、四代目バットガールとなったが、後にバーバラ・ゴードンからも正式に後継者と認められ、ステファニー専用の新たなバットガールスーツをバーバラから授かる。


今回のフィギュアは、三代目に近い感じですね。
BATGIRL 02
★画像引用サイト:http://dc.wikia.com/wiki/File:Batgirl_Cassandra_Cain_0023.jpg

パッケージです。
BATGIRL 03

パッケージ裏面。
BATGIRL 04
個人的には、他のフィギュアは欲しいと思わないかなぁ・・・(汗


付属品一覧。
BATGIRL 05
デカい武器が印象的です。台座も凝った作りですね。

BATGIRL 06
バットガールは、髪が出ているイメージがありますが、今回のようなスッポリとマスクで覆ったデザインの方が好みですね~

BATGIRL 07
女性らしい美しいボディーラインは、素晴らしいと思います。

BATGIRL 08
シルバーの防護パーツは、アクセントとしてなかなかカッコいいですね。

BATGIRL 09
安定があまり良くないので、ここからは台座にセットした状態で撮影しました(笑

BATGIRL 10
マントの造形もカッコいいですね~ 後ろ姿で、女性らしさを感じられるところも、素晴らしいと思います。

BATGIRL 11

BATGIRL 12
お顔は口元しか出てませんが、唇がセクシーですね。胸に輝く黄色いバットマンマークもカッコいいですね!

BATGIRL 13
スレンダーなボディーは、細い!!

BATGIRL 14
一様足も動きますが、ポーズは限定されますね。

BATGIRL 15

BATGIRL 16

BATGIRL 17

BATGIRL 18
付属の武器はデカい! こんなデカい銃を持っているとは、かなりの筋力です(笑

BATGIRL 19

BATGIRL 20

BATGIRL 21
実際、バットマンたちの任務を考えると、こんな目立つ武器は不適切かと・・・(笑



BATGIRL 22
前回のブログでご紹介したバットマンと比較。
台座の分だけ、バットガールの方が長身です!

BATGIRL 23

BATGIRL 24

BATGIRL 25
バットマンと並べても、今回のバットガールはかなりカッコいいですね~♪

今回のフィギュアは大満足でした♪
スポンサーサイト
[ 2013年07月27日 19:01 ] カテゴリ:DC DIRECT | TB(0) | CM(0)

フィギュア新規入荷!?-002

今週の金曜日は、自分の会社が休みの日だったので、大阪まで遠征してきました♪

ちょっと関係ない話になりますが、木曜日は職場の歓送迎会で、みんカラの方もご覧になって下さっている方はご存じかと思いますが、自分は前の部署に戻ることになりまして、今回は三次会で社会勉強?ということで、初めてキャバレー?に連れていってもらいましたが・・・・

私には何が楽しいのかわかりませんでした(爆

社会人になると、誰しも行くことになるんでしょうが、私には不向きな場所であることを改めて実感しましたね・・・・今回のキャバレー代は、割り勘で一人6000円でした(汗

6000円あれば、フィギュアやプラモがどれほど買えるのかと想像しただけで、損をした気持ちになってしまいましたが・・・・一度は経験しておくべきだと思いますので、まぁイイでしょう・・・(汗



で、話を元に戻しまして・・・・

今回はこれが欲しいというわけで大阪へ行ったわけではなかったので、当初はフィギュアを買わずに模型関係だけにしておこうと思いましたが、いろいろなお店を回るうちに、やはり一体だけは買って帰ろうという思いに変わりました(爆

ということで、いつもお世話になっているアストロ・ゾンビーズさんでフィギュアを二体も買っちゃいました(爆
2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-001
今回は、日本の萌えフィギュアばかり見ていた影響なのか、アメトイの女性フィギュアで統一されました(笑
元々は、ベノムのために、アメージングスパイダーマンのフィギュアを買ってやろうかと思っていて、付け替えでピーターパーカーの顔に出来るし、リュックやスケボーが付属するといった、ネタ要員としてはなかなか優秀なフィギュアだったのですが、結局普通のヒーローフィギュアよりも、マニアックなフィギュアを選んでしまうあたりが、やはり私らしい(爆



(1)BATGIRL
2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-002
以前からお店に置いてあったと思いますが、なんとなく手に取ってみたら、欲しくなりました(爆 前回の遠征でバットマンのフィギュアを購入し、フィギュアネタまでやった影響でしょうか(笑


2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-003
セクシーなボディーラインがイイですね~



(2)シー・スポーンⅡ
2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-004
こちらのフィギュアも以前からお店に置いてありましたが、ずっと売れ残っていて・・・値段が下がるのを待っていましたが、なかなか下がらず・・・・

今回手に取ってみたら・・・やはり自分の大好きなSPAWNフィギュア、そろそろ欲しい時期だな・・・と思い、買っちゃいました(笑



2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-005
胴体が分割されているところで可動できるようですが、白いVラインがズレた状態でブリスターに入っているのは、ちょっとカッコ悪いんじゃないかなぁ~と思ってしまいました(汗

2013年 7月26日 大阪遠征フィギュア-006
パッケージ裏の写真で、購入を決めました(笑 立派なポニーテールがツボですが、ブリスターに入った状態ではまったく目立ちません(爆
可動はほぼ期待できないでしょうが、その分造形で楽しもうと思います。


これらのフィギュアは、近いうちにブログで詳細にご紹介したいと思いますので、お楽しみに・・・・
[ 2013年07月27日 00:57 ] カテゴリ:フィギュア関係 その他 | TB(0) | CM(0)

No.40~ バイオレーター

久々のスポーン記事です。

今回は、バイオレーターをご紹介します。

※バイオレーターについて(過去のスポーン関連記事より参照)
バイオレーター001
★画像引用サイト:http://www.tumblr.com/tagged/the%20violator?language=ja_JP

マレボルギアが送り込んだ、スポーンの監視役。強力な戦闘能力と残虐な精神を併せ持つ、まさに怪物である。
かなりの自信家であり、人間ごときが地獄の戦士になることを快く思っていない。
そのため、スポーンの反抗心を煽り、自分に戦いを挑むように仕掛けている。
かなりの長寿である。
似たような姿の弟たちがおり、「フレビアック兄弟」として恐れられている。
地球では、普段クラウンの姿をしている。


※クラウンについて(過去のスポーン関連記事より参照)
バイオレーター002
★画像引用サイト:http://media.gunaxin.com/ten-comic-book-characters-words-kill/146210

バイオレーターが、人間に変身した姿。
その様相は、子供たちからでさえ馬鹿にされるほどコミカル。
だが、変身前と同様に血の色に輝く瞳の色は、彼の正体が魔性の物であることを象徴している。
身に着けている服は、彼の皮膚が変形したもので、ジャケットとTシャツにズボンというスタイルは決して変わらない。しかし、デザインは頻繁に異なっている。

今回は、バイオレーターⅡが主体です。

No.40 バイオレーターⅡ
バイオレーター003
中古ショップで2006年の2月に480円で購入したものです。

バイオレーター004
特徴的な口は開閉できます。

バイオレーター005
この独特のスタイルが、とてもイイと思います♪

バイオレーター006
可動はしますが、ほぼこのポーズで固定ですね(汗

バイオレーター007


No.41 サイバー・バイオレーター
さらに、リペイントという扱い?で、バリエーションが存在します。
バイオレーター008

バイオレーター009
それが、サイバー・バイオレーターです。

バイオレーター010
トッド・マクファーレンお得意の、生物とメカとの融合です♪

バイオレーター011
一部パーツが完全に新規パーツとなっております。

バイオレーター012
ポーズは、同様にこれが基本です。

バイオレーター013
こちらの方が、カッコいいですね♪

バイオレーター014

バイオレーター015

バイオレーター016
どちらもお気に入りですが、場所の都合で今はダンボールの中で眠っています(笑


さらに、バイオレーターは別のものも持っておりますが、いずれも実家の倉庫です(爆

No.42 バイオレーター レッドペイントVer.
バイオレーター017
どこかのジャスコ?でCD付きで500円という投売り価格で売っていたのを買った覚えがあります(笑
初期のバイオレーターは、ペンタブルの体でトイ要素が強かったことを実感します。

No.43 バイオレーター ブラックペイントVer.
バイオレーター018
こちらは、中古ショップで500円だったかな? こちらは塗装がかなり雑で、触るとベタベタするのであまりお気に入りではありません(爆 しかも、口と角が連動するギミックが壊れております(爆


バイオレーターの人間の姿である、クラウンのフィギュアも持ってましたが・・・・
バイオレーター019
初期の普通バージョンとゴールドバージョン。開封もせぬまま、実家の倉庫へ入れてしまったので、リストからは除外しておきます(爆
[ 2013年07月14日 22:25 ] カテゴリ:SPAWN | TB(0) | CM(2)

No.39 バトラクションシリーズ シュレッダー

今回は、ミュータントタートルズの宿敵であるシュレッダーのご紹介です。

※シュレッダーについて(ウィキペディアより引用)
シュレッダー001
★画像引用サイト:http://dreager1.com/category/battles/cosmoman-battles/
 1987年度版と2003年度版では設定が異なります。

1987年版
 タートルズの宿敵。フット団アメリカ支部のリーダー。刃物付の鉄鎧からその異名を取る。武器としては、蛮刀を使用した事がある。ヨシハマに師匠を殺害しようとした濡れ衣を着せて日本を追放させた後、彼を追って向かったアメリカでクランゲの協力を得、ヨシハマの隠れ住む下水道にミュータンジェンを投げ込み、タートルズの誕生及びヨシハマがスプリンターになる原因を作った。クランゲからは、本名のサワキ・オロク(原語版ではオロク・サキ)から「サワキちゃん」と呼ばれている(テレビ東京放映吹き替え版のみ)。テレビ東京版ではタートルズに「鉄板頭」とも呼ばれる。当初は正統派の悪役だったが、次第にコミカルな描写が多くなっていった。主に部下のロックステディとビーバップのツッコミ役に回ることが多いが、彼らやクランゲに振り回されて、その挙句に悲惨なオチになることも多く、どこか憎めない悪役。役に立たない部下を見下す傾向があり(たとえ有益な情報を持っていたとしても)、サーナスの瞳争奪戦ではそれが仇となってバクスターの反逆を招いた。アンチョビが苦手。テレビ東京版では、次回予告や声優のアドリブなどでコミカルな一面を見せる。侮辱されると暴言を吐くことがある。意外にもIQは675と高く、メカの扱いにも長ける。クランゲの部下だが、彼にはあまり好感を持っていない。

「Turtles Forever」では異世界に飛ばされた際、もう一人の自分の存在を知り、クランゲとともに復活させるが協力してもらうどころか異世界の自分に簡単に倒され、テクノドロームを乗っ取られ、挙句の果てにロックステディ達に裏切られるなどテレビシリーズ以上に情けない所が目立つが緊急事態であったため、本作のラストではタートルズと協力して世界を救うため戦い、普段の彼とは思えない活躍を見せる。最後に「我輩は必ず戻ってくる。貴様らを倒しにな」と捨て台詞を残しながらテクノドロームへと去っていった。


2003年版
87年版とは全く異なる、原作に忠実な残虐そのものの正統派な悪役キャラクターとなっている(ただし、日本語版の次回予告においては他のキャラと同様のノリでボケる事も)。普段の至って普通の人間の姿は仮の物で、正体は本体を腹部に隠したユートロム星人。犯罪を犯し身柄を確保され、宇宙船で運ばれていた最中、事故により地球に不時着。隙を突いて姿をくらまし、人間の姿で何百年という年月を地球で過ごしてきた。87年版のシュレッダーはクランゲの部下であったが、本作の彼は首領として登場している。吹き替え版の一人称は「私」。03年版タートルズにおける実質最大の敵役であり、幾度と無く厳しい闘いを強いられることになるが、シーズン3ではひとまずの決着。ユートロムの裁判により、宇宙の彼方の小惑星に幽閉されることに。その後も、シーズン5やシーズン7では彼本人とは違った形での「シュレッダー」が相手となる。

「Turtles Forever」ではとうとう完全復活を遂げ、あらゆる世界に存在する全てのタートルズたちの完全抹殺を目論むも失敗。本作でようやく完全決着という形になった。


個人的には、2003年度版は冷酷すぎるキャラなので、1987年度版のシュレッダーの方が好きですね~

そんな今回のフィギュアは、2003年度版が日本で放映された際に発売されたシリーズです。
シュレッダー002

シュレッダー003
1987年度版の変形フィギュアであったミューテーションシリーズがベースになっています。

シュレッダー004
付属品。武器が充実しております♪

シュレッダー005
1987年度版の変形フィギュアと比較してみました。
顔がデカくなってます(笑

シュレッダー006
基本的なパーツは、完全に流用されておりますね。

シュレッダー007
後ろは色が違うだけ!?

シュレッダー008
今回の2003年度版は、顔がデカいのでより短足が目立ってしまいます(滝汗

シュレッダー009
顔もまったく違います。1987年度版は、日本の時代劇に出てきそうな顔です(笑


シュレッダー010
刀を構えれば、なかなかカッコよくなるから不思議です(笑

シュレッダー011
2003年度版は、赤い眼がカッコいいです♪

シュレッダー012
タートルズの宿敵として、外せない存在ですね♪ 私はタートルズの中でも、シュレッダーが一番好きなキャラかもしれません(笑



ちなみに、他にもシュレッダーのフィギュアは持ってます。
シュレッダー013
ビークルに変形するフィギュアシリーズのシュレッダーです。上半身裸という、変質者ぶりを発揮しているフィギュアです(笑 たしか、クリスマスのプレゼントに貰った思い出があります(笑


そして、スーパーデビルシュレッダーは、今までで一番カッコいいシュレッダーだと思います♪
シュレッダー014
といいますか、シュレッダーの面影がないフィギュアです(笑 たしかこのシリーズは、日本専用のフィギュアで、海外では異なる造形のフィギュアだったと思います・・・


シュレッダー015
しかし、そんなデビルシュレッダーも、ちゃんと変形前は鉄仮面フェイスです(笑 変形前もカッコいいです♪


そして、自分だけのお気に入りのシュレッダーを作りたくて、こんなカスタムをしているところです・・・・
シュレッダー016
こちらの300円で投売りされていたSPAWNフィギュアを使いまして・・・・

シュレッダー017
デビルシュレッダーの主要パーツをおゆまるで複製し、SPAWNフィギュアに移植!
さらに、腕には可動範囲を広げるリボルテック関節を移植!!

シュレッダー018
これこそ、理想のシュレッダーのスタイル♪

シュレッダー019
カッコいい!

シュレッダー020
今回ご紹介したフィギュアと比較。足の長さやスタイルの良さ等、すべてが違います(笑

シュレッダー021
タートルズとの対比も、これぐらいが丁度イイと思います♪


そんな製作中のカスタムフィギュアは、現在長期放置中ですが、反響次第では再開の可能性もありますので・・・(汗
[ 2013年07月07日 18:37 ] カテゴリ:ミュータント・タートルズ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ケンザウルス

Author:ケンザウルス
アメトイフィギュアと車模型をこよなく愛するケンザウルスと申します。
車模型は、みんカラでご紹介させて頂いておりますので、こちらは主に私のフィギュアコレクションをご紹介していきたいと思います!

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR