ケンザウルスのフィギュア日誌

ケンザウルスのフィギュア日誌 TOP  >  2014年07月

萌えフィギュア おさらい

これまで当ブログでご紹介してきた萌えフィギュア記事をおさらいしてみました。

2013年12月15日のセーラームーンの記事をきっかけに、アメトイ主体の当ブログの方向性が徐々におかしな方向へ行ってしまったようです(滝汗

2013年
(1)No.47  S.H.Figuarts セーラームーン
(2)No.48 figma Se・きらら 神楽 亜矢(かぐら あや)
(3)No.49 figma レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ萌えフィギュアおさらい 1
2013年は、まだ萌えフィギュアがサブ扱い程度だったので、ご紹介しているフィギュアも少なかったですね。

スポンサーサイト
[ 2014年07月26日 15:25 ] カテゴリ:フィギュアリスト | TB(0) | CM(0)

No.61 ララ・サタリン・デビルーク

前回の記事でご紹介したフィギュアと同じ日に、今回ご紹介するフィギュアをGETしてきました。

今回は、『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』に登場する「ララ・サタリン・デビルーク」です。
ララ・サタリン・デビルーク-001
[ 2014年07月26日 12:54 ] カテゴリ:フリュー株式会社 | TB(0) | CM(0)

No.58~60 めだかボックス プライズ品(三種)

先日の金曜日(25日)、世間は平日ですが、自分の会社は先週の三連休が一日出勤の代わりに休みだったので、気分転換のため、お隣の県のいろいろなお店を巡ってまいりました♪

今回は、その中で複数店舗で数種類をGETしてしまった、『めだかボックス』の主人公『黒神 めだか』のフィギュア三種をご紹介します。

①標準タイプ(箱無し)
黒神 めだか-001
フィギュア雑誌でこのキャラのフィギュアを数年前に見て以来、いつか欲しいなぁ~と思っていたフィギュアでした。

②メイドタイプ(箱有、未開封品)
黒神 めだか-002
このフィギュアを以前他店舗で見かけて以来、気になっていたフィギュアだったのですが、欲しいと思った時には無くなっていたので・・・今回、箱のデカさにもめげずにレジに運びました(爆
元々、このフィギュアを買った後に寄った店舗で、①と③が偶然売っていたので、勢いで買ってきてしまったというわけです(爆

[ 2014年07月26日 07:37 ] カテゴリ:セガプライズ | TB(0) | CM(0)

ダンボールに入ったフィギュアたちの反乱 -その10 : 最後の決戦4-

前回の続きです。

ダンボール反乱-9-7

今回は対決の前に、それぞれのキャラクターについてご紹介しておこうと思います。

まずは、DC系キャラのスティールからです。

①スティールについて
ダンボール反乱-10-1
画像引用サイト様:http://worldofblackheroes.com/2011/10/24/steel-john-henry-irons/
説明文引用サイト様:http://www20.atwiki.jp/nijiame/pages/27.html

本名:ジョン・ヘンリー・アイアンズ(John Henry Irons)
スーパーマンに命を救われたことがきっかけでヒーロー活動を始めた技術者。
過去に自身の開発した武器が、ギャングによって悪用されていること、更にその武器で近所の子供が殺害されたことに怒り、過去に製作していたパワードスーツを完成させた。
胸にSのエンブレムを付け、スーパーマンの代わりとなってメトロポリスを守る事を誓う。
スーパーマンの死後に現れた後継者の1人。
本人的にはスーパーマンの意志を継ぐ気でいたものの、本物のスーパーマンの座を奪う気は無く、「後継者争い」からは距離を置いていた。
スーパーマンの復活後ワシントンにてヒーロー活動を開始。後にメトロポリスに帰還。

みんカラ時代にフィギュア紹介フォトギャラをアップしていたので、そちらもどうぞ参考にしてください。


続いては、MARVEL系キャラで超有名なウルヴァリンです。

②ウルヴァリンについて(ウィキペディアより引用)
ダンボール反乱-10-2
画像引用サイト様:http://www.comicvine.com/forums/battles-7/wolverine-vs-captian-america-1538697/


主にX-メンシリーズやウルヴァリンシリーズに登場。

ミュータントであるウルヴァリンは動物的な鋭い感覚と反射能力、そして実質的にどんな怪我からも回復することができる治癒能力(ヒーリング・ファクター)を持っている。この治癒能力はスーパーソルジャー製造計画「ウェポンX」において、その骨格(出し入れが可能なカミソリのように鋭い爪を含む)にほとんど壊すことができないアダマンチウム合金を組み入れることを可能にした。近接戦闘の達人でもある。コードネームの「ウルヴァリン」とは、クズリというイタチ科の、小さいが獰猛な動物を意味する。また、「ウェポンX」(ウェポンエックス)の「X」はローマ数字の「10」のダブルミーニングであり「兵器第10号」を意味するが、実在するアメリカ陸軍兵器・駆逐戦車ウルヴァリンの型番も「M10」(Model10:10型)である。

性格は粗暴で礼儀を知らないように見えるが、義侠心があり友人や親しい人間に敵対する者には容赦がなく、悪人に対しては殺すこともいとわない。その「時に残虐になれる精神性」をアダム・ウォーロックに買われ、大クロスオーバー『インフィニティウォーズ』でハルクと並び、他のヒーロー(高貴であるが故に相手に慈悲をかける)ではできない仕事を依頼される。しかし、子供には限りなく優しい。また女性にも手が早く、常に伴侶を求めている描写があり、知り合った女性には気軽に「ダーリン」と呼ぶ癖がある。愛煙家であり葉巻を愛用。喫煙者が差別されている未来から来たケーブルにそれをたしなめられた時には「お前なんか大嫌いだ」と発言している。日本通で、設定上は日本語に堪能。日本人女性「マリコ・ヤシダ」と結婚までしたが、結婚式はなぜか時代劇の侍のような格好。しかしマリコは敵対組織にフグ毒によって毒殺されてしまう。

「Giant-Size X-メン」#1(1975年5月)においてウルヴァリンはX-メンの"All New, All Different" rosterに参加している。ウルヴァリンはベトナム戦争以後のアメリカのポップカルチャーに出現する多くの反権力のアンチヒーロー[1]を象徴しており、命に関わるほどの力を快く行使し、1980年代末まで漫画のアンチヒーロー達の標準的な本質を抱えていた[2]。結果として、キャラクターは増々有名になるX-メンフランチャイズのファンたちにとって明らかにお気に入りの人物になった[3]。1988年から単独名義でのコミックが創刊、TVアニメシリーズやTVゲーム、20世紀フォックス製作(ウルヴァリン役はヒュー・ジャックマン)の実写映画シリーズを含むあらゆるX-メンの翻案物で中心的なキャラクターになった。

みんカラ時代のフォトギャラもどうぞ参考にしてください。


ゲームやアニメ等での一般的なコスチュームは黄色いカラーですが、別のバージョンとして下のようなバージョンもあります。
ダンボール反乱-10-3
画像引用サイト様:p://www.comicvine.com/forums/battles-7/wolverine-no-healing-vs-king-shark-686552/

こちらのバージョンに準じたのが、当ブログで主に活躍しているハズブロ製MARVEL LEGENDSのウルヴァリンなのです。
ダンボール反乱-10-4
当ブログに同じキャラが二人居ては都合が悪いので、サイズ的に丁度いいハズブロ製が活躍する一方、MARVEL Selectのウルヴァリンはサイズがややデカいことや爪がフニャフニャなこと等を理由に、ダンボール箱に入れられてしまったのです(滝汗


そんな二人が対決することになったのです(笑


ダンボール反乱-10-5
スティール:「私に敗北の二文字は存在しない! 必ずや、我が手中に勝利を収めるぞ!」


ダンボール反乱-10-6
ウルヴァリン:「この俺を誰だと思っているんだ? 超人的に無敵なウルヴァリンだぞ!」

ダンボール反乱-10-7
ウルヴァリン:「力でも知名度でもこの俺の圧勝は間違いないぜ!」

ダンボール反乱-10-8
スティール:「そんな爪では、このパワードスーツには太刀打ちできぬぞ! 今の内に降参することをお勧めしよう・・・」

ダンボール反乱-10-9
スティール:「どうしても戦いたいというのならば、遠慮なくかかってくるがいい!」

ダンボール反乱-10-10
ウルヴァリン:「それじゃ、お言葉に甘えて遠慮なしで行かせてもらおう!」

ダンボール反乱-10-11
スティール:「ならば、この私もいかせてもらおう!」

ダンボール反乱-10-12
バシ!
ウルヴァリン:「ナニ!!」

ダンボール反乱-10-13
ウルヴァリン:「なんというパワーだぁぁぁ・・・」




ウルヴァリンがまさかの苦戦!?
どうなるこの戦い!?

まだまだ続きます(笑
[ 2014年07月04日 22:18 ] カテゴリ:ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ケンザウルス

Author:ケンザウルス
アメトイフィギュアと車模型をこよなく愛するケンザウルスと申します。
車模型は、みんカラでご紹介させて頂いておりますので、こちらは主に私のフィギュアコレクションをご紹介していきたいと思います!

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR