ケンザウルスのフィギュア日誌

ケンザウルスのフィギュア日誌 TOP  >  ネタ >  カイオウとの戦いの裏側で起きた事件 その19

カイオウとの戦いの裏側で起きた事件 その19

9/4(日)に撮影し、予約投稿しておいた記事です。

前回、プレデター軍団と交戦した病院で結成されたヒーローチームであったが、まさかの惨敗(汗

その報告を聞き、落胆の表情を隠せない様子のアイアンフィストであった・・・

カイオウ裏ネタ-15-1






カイオウ裏ネタ-15-2
アイアンフィスト:「私の判断は間違っていたのだろうか・・・ まさか、ここまで手強い相手だったとは、予想外だった・・・」

カイオウ裏ネタ-15-3
ネリネ:「そんなに落ち込んでいても仕方ないですよ! きっとヒーローの皆さんのことですから、アイアンフィストさんが立ち上がらなくても、皆さんきっと同じことをしていたと思いますよ! さぁ、元気出してください!」

カイオウ裏ネタ-15-4
ウイングナット:「この前、スナイパーたちとプレデターとの戦いを目の当たりにした俺の経験を話してやろう! やつらの強さは半端なかったぞ! だから、今回の敗北は仕方ないぜ・・・」

スクリュールース:「マグニート学園に居た僕だけど、やっぱり相棒の様子が心配で病院に来たんだけど、こっちにも美少女さんが居たなんて、この世界は本当に凄いね(笑 」

※スクリュールース、管理人の手違いでこっちに登場させてしまいましたので、フォローのコメントを追加しました(爆


カイオウ裏ネタ-15-5
ウイングナット:「さぁ、前を向いて進むんだ! ヒーローらしく前向きに行こうじゃないか!」

カイオウ裏ネタ-15-6
ウイングナット:「どう? このシーズンの主役の俺らしい、カッコいい見せ場だぜ!?(爆」
スクリュールース:「ってか、僕らが一番最初主役だったこと、誰も覚えてないよね(笑 」


カイオウ裏ネタ-15-7
アイアンフィスト:「ウイングナット君の言う通りだ! 私らしくなかったな・・・ 新たな作戦を考えなくては・・・ しかし、その前に救援チームを送らねば・・・」


「急患だ! ベッドを空けてくれ~!」
カイオウ裏ネタ-15-8
一同:「誰だ?」

カイオウ裏ネタ-15-9
ホークアイ:「おい! 聞こえなかったのか? アイアンフィスト! そこをどけ!」
アイアンフィスト:「ホークアイ! 君はカイオウとの戦いに行っていたはずじゃ・・・」

カイオウ裏ネタ-15-10
ホークアイ:「その最中だよ! カイオウの恐ろしい技の前に、なす術無く打倒されてしまったスカーレットウィッチ君を助けるため、ココに来たんだ!」

カイオウ 最後の決戦 カイオウ編 その13 参照のこと!

カイオウ裏ネタ-15-11
アイアンフィスト:「そうだったのか・・・ 今すぐここを空けよう!」


カイオウ裏ネタ-15-12
アイアンフィスト:「カイオウと戦っているヒーローたちもかなり苦戦しているようだな・・・ この状況下で、あのプレデター軍団まで現れるとは・・・ なんという事態だ!(汗」



「この私も急患だ! ベッドを頼む!」
カイオウ裏ネタ-15-13
アイアンフィスト:「次は誰だ!?」



カイオウ裏ネタ-15-14
マシーンマン:「もう、このおっちゃん重すぎだよ~(汗 いくら機械の僕でも、この重さは勘弁だね~(爆 」
マグニート:「うるさい! 機械のクセに文句の多い奴だな!」


カイオウ裏ネタ-15-15
アイアンフィスト:「マグニート! なぜヴィランのお前がこんな所に居るんだ!? この私がここでトドメを・・・」

カイオウ裏ネタ-15-16
ホークアイ:「まてまて! マグニートは、共にカイオウと戦っていたんだ! 今は我々の仲間なんだよ! っていうか、女子高をマグニート学園とか言ってる時点で、もう敵じゃないよな?(笑」
アイアンフィスト:「そうだったのか! そういうことなら、ベッドを貸そう!」


アイアンフィストは、プレデター軍と戦っていたスパイダーマンたちのことを二人に説明するとともに、スパイダーマンの無線を聞いて知った、プレデター軍の狙いについても話した。


カイオウ裏ネタ-15-17
ホークアイ:「なんてことだ! カイオウとの戦いに夢中になっていて、裏でそんなやつらがディメンションスフィアを狙っていたことに気が付かなかった・・・」
マシーンマン:「世も末だね(爆 いくらヒーローが居たって足りないよ、これじゃ・・・」

カイオウ裏ネタ-15-18
アイアンフィスト:「とりあえず、スパイダーマンたちを救援に行かなければいけないのだが、力を貸してもらえないかな?」
ホークアイ:「プレデターたちの重要な戦略を聞き出せた功績はデカいが、こちらもカイオウを相手にしているヒーローたちが我々の応援を待っているはず・・・ どちらを優先するかだが・・・ 難しい選択だ・・・」

カイオウ裏ネタ-15-19
マシーンマン:「カイオウの方は、きっとアベンジャーズのメンバーがどうにか切り抜けているよ! いつだってそうだったじゃないか? ねぇ?」
ホークアイ:「知ったような口を聞きやがって・・・ 今回の敵は想定外の相手・・・ いつも通りうまく行くとは限らんぞ!」

カイオウ裏ネタ-15-20
「スパイダーマンたちの救援は、俺たちに任せろ!」

カイオウ裏ネタ-15-21
ニンジャスポーン:「別館に居た俺たちならば、十分休息は取ったぞ! いまこそ、俺たちの出番!」

カイオウ裏ネタ-15-22
スティール:「特に我々2人は、随分前にスポーン・ザ・ブラックナイトに打倒されて以来、入院し続けたから、もう完璧に回復しているぞ!(爆」
ドラッグス:「誰がそんな昔のこと覚えてんだよ(爆 」


「あの~、スミマセン~」
カイオウ裏ネタ-15-23
一同:「今度は誰だよ?」

カイオウ裏ネタ-15-24
アイアンフィスト:「今回はやたらに登場人物が多いようだけど、全員覚えられるかな?(爆」

カイオウ裏ネタ-15-25
アンナ:「お邪魔します~ 私アンナといいます! こちらでメイドさんが働かれていると伺いまして、お尋ねしたのですが~」

カイオウ裏ネタ-15-26
朱子 (べにす):「私は朱子 (べにす)です。 私たち、メイドのお仕事を探しているのですが、私たちを雇って頂けません?」

※彼女たち二人が登場したのは、前回のフィギュア紹介ブログ参照(笑

カイオウ裏ネタ-15-27
アンナ:「あっ! メイドさん見つけましたよ! やっぱり、ウワサは本当だったんですね~」

カイオウ裏ネタ-15-28
ネリネ:「突然のご訪問でビックリしましたけど、今はメイドさんを募集しているわけではありませんよ(汗 私は丁度メイド喫茶のお仕事が無くなってしまったので、臨時でここで働かせて頂いているだけなんですから・・・」


カイオウ裏ネタ-15-29
朱子 (べにす):「あなたには聞いてませんわ!(爆 ここの代表者とお話させて頂けません? 代表者に直接直訴いたしますわ!」

カイオウ裏ネタ-15-30
朱子 (べにす):「代表者は誰ですの?」

カイオウ裏ネタ-15-31
アイアンフィスト:「この病棟は、一様この私が代表者ということになっております。」
朱子 (べにす):「あなたが代表者ですか?」

カイオウ裏ネタ-15-32
アイアンフィスト:「ネリネくんの言う通り、元々メイドさんは募集しておりませんでしたが、今から救援に行くヒーローたちを看病して頂く、素敵なレディーを探していたところなんですよ~(爆 ぜひぜひ、ココで働いてください♪(爆」

カイオウ裏ネタ-15-33
朱子 (べにす):「ありがとうございます♪ やはり代表の方の理解は早くて素敵ですわ~♪」
アイアンフィスト:「素敵なんて、照れますなぁ~(笑 彼女たちにこの病棟の仕来りをお教えしなくてはいけなくなった・・・よって・・・」

カイオウ裏ネタ-15-34
アイアンフィスト:「スパイダーマンたちの救護は、君たちに任せた! 健闘を祈る!」
ヒーロー一同:「何!? まさかの丸投げかよ(爆」

カイオウ裏ネタ-15-35
ウイングナット:「こりゃ、お決まりの萌えキャラにデレデレというパターンだ(爆 管理人の鉄板ネタだ(爆」

スクリュールース:「僕もデレデレしたいなぁ~(爆 血吸うたろかぁ~(謎」


カイオウ裏ネタ-15-36
マグニート:「萌えキャラのお世話は、この私と相場が決まっているだろう!(爆」

カイオウ裏ネタ-15-37
マグニート:「マグニート学園の実績を踏まえて、この私が彼女たちの指導係に適任だと思うがね!」
アイアンフィスト:「いやいや、あんたさっきここに来たばかりじゃないか! 何も知らんだろ(爆」

カイオウ裏ネタ-15-38
マグニート:「何だ? この嫌な磁場の乱れは? 何者かがタイムワープしてくるぞ! 気をつけろ!!」

カイオウ裏ネタ-15-39
アイアンフィスト:「もしやプレデター軍団かもしれんぞ! みんな、戦闘準備だ!」
ヒーロー一同:「了解だぁ~!!」

カイオウ裏ネタ-15-40
アイアンフィスト:「まったく今日は次から次へと・・・ 早くも疲れ果てたよ(爆」


果たして何者がタイムワープしてくるのか?

つづく・・・
スポンサーサイト
[ 2016年09月06日 00:00 ] カテゴリ:ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ケンザウルス

Author:ケンザウルス
アメトイフィギュアと車模型をこよなく愛するケンザウルスと申します。
車模型は、みんカラでご紹介させて頂いておりますので、こちらは主に私のフィギュアコレクションをご紹介していきたいと思います!

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR