FC2ブログ

ケンザウルスのフィギュア日誌

ケンザウルスのフィギュア日誌 TOP  >  萌え  >  フリュー株式会社 >  No.61 ララ・サタリン・デビルーク

No.61 ララ・サタリン・デビルーク

前回の記事でご紹介したフィギュアと同じ日に、今回ご紹介するフィギュアをGETしてきました。

今回は、『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』に登場する「ララ・サタリン・デビルーク」です。
ララ・サタリン・デビルーク-001
※『To LOVEる -とらぶる-』について(ウィキペディアより引用)
男子高校生・結城梨斗を主人公とし、三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。ヒロインであるララや春菜はもちろん、登場する女性キャラクターのほとんどが、美女・美少女として描かれているのが特徴。また、少年誌の限界ともいえる過激なお色気の描写(下着や裸体の描写)が多く、単行本では本誌連載時から修正され、より過激になっている。

To LOVEる -とらぶる- ダークネス物語は『TL』最終回の数日後から始まる。


※「ララ・サタリン・デビルーク」について(ウィキペディアより引用)
声 - 戸松遥概要
『To LOVEる -とらぶる- 』のメインヒロインの1人。『ダークネス』でも引き続き登場する。
宇宙人の女の子。現在は結城家に居候しており、後に彩南高校に転入する。
7月7日生まれ。血液型はB型。
容姿ロングヘアーで、髪の色はピンク色。瞳の色は緑色。
身長は165cm、体重は50.5kg。3サイズはB89-W57-H87。
「宇宙一の美貌」と謳われた母親譲りの美貌を持つ美少女で、尾てい骨の付近から悪魔を連想させるような尻尾が生えている。出自デビルーク星の第1王女で、父はデビルーク星の大王。故郷の王宮では入浴の際も多くの侍女が傅くような生活を送っていたため、人前で裸をさらすことにあまり抵抗がない。
尻尾が敏感なため、そこを触られるのは極端に嫌がる。
当初、結城兄妹以外の地球人には自分が宇宙人であることを隠していたが、物語中盤でそのことがバレてしまう。ただし、もともと何かと常人離れした行動が目立っていたため、特に驚かれることなく受け入れられている。性格天真爛漫で前向きな性格。マイペースで、他者の都合をあまり斟酌せずに行動する傾向があるが、友人に対する思いやりは深く、友人を傷つけようとする者は許さない。誰に対しても臆することなく、また偏見を持たずに接するため、ヤミや唯など、当初ララとは距離を置いていたキャラクターとも次第に打ち解け、最終的には友人となっている。

リトと彩南町を守るためダークネスと闘い、限界以上に力を消耗し身体が小さくなってしまう。能力力をセーブしても100m走を10秒9で走るなど、運動能力は地球人のそれを軽く上回る。加えて戦闘力も高く、特に「尻尾ビーム」は本人曰く「とっておき」の攻撃。体術でもヤミに「強いじゃないですか」と言わしめるほどの実力を持つ。放たれる「尻尾ビームフルパワー」はかなり強力だが、ダークネスの光の剣にはわずかに劣る。

銀河に広く知られた頭脳の持ち主でもあり、特に理工学系の知識と開発力に優れる。作中ではペケをはじめ、多数の発明品を開発している。

他のキャラクターと比べて「美味しい」と感じる範囲が広く、ルンが激辛サンドウィッチを食べさせたときも「スパイシーでおいしい」で済ませている。辛い料理を好む傾向があるようで、OVAではハバネロをかけたかき氷を食べていた。

パッケージ。
ララ・サタリン・デビルーク-002
購入動機は、可愛いのと大きな胸元(爆 当ブログに足りない要素を持つ人材として来て頂きました(笑

二人のキャラが設定されているみたいで、パッケージサイドは異なるキャラが描かれています。
ララ・サタリン・デビルーク-003

ララ・サタリン・デビルーク-004
メーカーの住所が地元に近すぎて吹いた(爆

可愛いね~(爆
ララ・サタリン・デビルーク-005
ピンクの髪を持つ人材は、当ブログでは二人目かな?

ララ・サタリン・デビルーク-006
宇宙人ってことで、悪魔みたいな尻尾が生えてます(汗

これほど接近しても、このクオリティー!
ララ・サタリン・デビルーク-007
造りの良さに驚きました!!

揺れる胸元?
ララ・サタリン・デビルーク-008
イイね!

ララ・サタリン・デビルーク-009
パンチライイね(爆

ララ・サタリン・デビルーク-010
こんな視点で見ていたら、尻尾で刺し殺されそうですね(滝汗

ララ・サタリン・デビルーク-011
こんな可愛い宇宙人なら、どれだけ来てもウエルカムですね(爆

ララ・サタリン・デビルーク-012
尻尾の生えている位置は・・・

以前ご紹介したレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワと同じか?
ララ・サタリン・デビルーク-013

この出来映えでサイズも当ブログの主役級キャラと丁度イイので、お気に入りになりました♪
ララ・サタリン・デビルーク-014
マグニート卿も、今回の交渉には大きな手応えを感じているようで・・・(笑

ララ・サタリン・デビルーク-015
マグニート:「どうかね? 当ブログのネタ企画で活躍してみないかね? 君にはいい役を指名してあげるから・・・」

ララ・サタリン・デビルーク-016
ララ・サタリン・デビルーク:「じゃあ、ギャラは200万円でイイよ! テヘ♥」

ララ・サタリン・デビルーク-017
マグニート:「200万? いやはや、一流の美女たちを当事務所にスカウトするのは、経費のかかる仕事だよ・・・(汗 」

以上、ララ・サタリン・デビルークでした。

では、また!



スポンサーサイト
[ 2014年07月26日 12:54 ] カテゴリ:フリュー株式会社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ケンザウルス

Author:ケンザウルス
アメトイフィギュアと車模型をこよなく愛するケンザウルスと申します。
車模型は、みんカラでご紹介させて頂いておりますので、こちらは主に私のフィギュアコレクションをご紹介していきたいと思います!

FC2カウンター
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR